月別アーカイブ: 2016年2月

円高は今後どうなる

円高が進んでいる今の時期に、これほど、長い期間円高が進むとは予想していなかった。
というのも、昨年の2015年の段階では、120円台を安定させていたために、2016年に入った今でも、その流れをキープできるものと誰もが思っていたはず。しかし、今年に入り、為替市場の動きは加速し、一気に、記録的な円高を叩いてしまった。
為替市場は上がれば、落ちるし、落ちれば上がる。この動きは紛れもないものなのですが、円高で、各通貨ペアの市場が、下がっている動きから、中々抜け出せずにいる状態である。

しかし円高の動きは、112円台を境に、少しずつ、値を上げてきており、2月の後半から3月の中旬にかけて、円高の動きは、緩やかになっていくのではないかと予想する方々も多いので、円高の不安要素に耐える期間も、後少しなのではないかと思われます。
ただ、この円高の影響は、何も悪い事ばかりではないので、円高時期に、仕入れを行う方々は、海外からの仕入れに力を入れて頂きたい所です。

リスク回避ムード緩和でドル円114円台

為替市場は一体どうなるのか

為替市場の値動きを予想しよう。
特に米ドル円の値動きに関しては世界の経済状況が、反映しやすい相場である為に、そこの点を、中心的に考えて行こう。
今、米ドル円の値動きは、日本の経済状況がアジア圏で安定している事から、円の購入が増えている事から、円高が起きている。
というのも、ここ最近でアジアのミサイル事件や、地震など、様々な暗いニュースが飛び交う中で世界は日本の安定さに着目。
という事は、アジア圏で、日本以外の国の発展が見込めない限りは、円高状態をキープしてしまうという事になりかねない。
この時期に、日本は、海外への輸出を増やす事で、日本経済に安定をもたらす事もできるのだが、この状態が続けば、日本からの輸入を、止める国も出てくる可能性も非常に高い事が懸念されている

為替市場で大きな変化が起きている。

為替市場で大きな変化が起きている。
というのもここ最近の米ドル円の動きに注目してほしい。
米ドル円は、2016年に入り、1月から118円台から117円台と下落していた。しかし、その月の後半には、121円台まで回復したのだが、2月に入り。相場は更に下落していき、118円台から115円台まで下落し、1年3か月ぶりの円高となってしまったもよう。
しかし、そんな記録的な下落よりも、更に米ドル円の相場は、下がり、今では112円、最高で110円台まで下落した。

ここ数年では、大きな値動きとなり、為替市場に注目が集まっている中で、FXで取引を行う方々にも、かなり影響が出ていると思われる。
FXでの取引を行う方々は、この動きでは取引を行う事すら難しく、また、米ドル円の通貨を保有していた方からすれば、これだけの円高が起きてしまえば、購入していたロット数次第では、相当な痛手となるでしょう。

為替の動きを予想するサイト

為替予想サイトって沢山存在していて、プロの方が運営を行うサイトもありますが、このサイトは、独自の予想サイトとして立ち上げただけのサイトなので、プロの予想師程の適格性は無いという事を前もって説明させて下さい。
只の趣味感覚で立ち上げたサイトですが、少しは、為替市場の動きについて、今後の流れが知りたい人の為になるサイトにしていこうとは思っています。

特に配信を強化したいのは、米ドル、ユール、豪ドルこの3つの通貨に関してです。
というのも、この3つの通貨は為替取引を行っている方々が多く注目している通貨ペアでもあり、世界の経済を支える主役。
なので、この通貨の為替での動きをしっかりととらえて置く事で、今後の為替取引に、何らかの、メリットが見いだせると思っています