為替市場で大きな変化が起きている。

為替市場で大きな変化が起きている。
というのもここ最近の米ドル円の動きに注目してほしい。
米ドル円は、2016年に入り、1月から118円台から117円台と下落していた。しかし、その月の後半には、121円台まで回復したのだが、2月に入り。相場は更に下落していき、118円台から115円台まで下落し、1年3か月ぶりの円高となってしまったもよう。
しかし、そんな記録的な下落よりも、更に米ドル円の相場は、下がり、今では112円、最高で110円台まで下落した。

ここ数年では、大きな値動きとなり、為替市場に注目が集まっている中で、FXで取引を行う方々にも、かなり影響が出ていると思われる。
FXでの取引を行う方々は、この動きでは取引を行う事すら難しく、また、米ドル円の通貨を保有していた方からすれば、これだけの円高が起きてしまえば、購入していたロット数次第では、相当な痛手となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です